FC2ブログ

令和2年3月の防災訓練

まさにニューライフの桜が満開を迎えようとしている3月25日、令和1年度3回目となる防災訓練を行いました。

2020040101.jpg

突然やってくる災害にいつでも対応できるよう年3回の防災訓練に職員は熱心に取り組んでいます。
今回は火災発生の想定で、ご利用者の皆様にもご協力いただき屋外までの避難誘導を行いました。

2020040102.jpg

職員1人ひとりが役割をしっかりと理解し安全にご利用者を避難させることができました。

訓練はバッチリですが災害は起きない事が1番だと思う今日この頃でした。
スポンサーサイト



マルチに対応!

ニューライフ湯河原火災地震等対策委員会では避難訓練を年に3回行っています。

これまで火災発生時、地震発生時などを想定して訓練を行ってきましたが、今年は土砂災害を想定しての避難訓練を初めて行いました。

令和1年12月14日(2)

施設の裏山が大雨で今にも崩れてきそうという想定です。

通所のご利用者、2階のご入所者、施設北側に居るご利用者をとにかく急いで3階以上の南側に避難誘導しました。

本番さながらの雰囲気で職員は誘導に当たっていました。


令和1年12月14日⑴

これからも施設に起こりうる災害を想定して準備していきます。

BCP

皆様、BCPという言葉をご存知でしょうか?

BCPとは「Business continuity planning」の略称で、
日本語にすると「事業継続計画」となります。

これは、災害などの緊急事態が発生した際に、企業が損害を最小限に抑えつつ、事業の継続および復旧を図るための計画です。

ニューライフでも災害発生時の対応マニュアルは整備されていますが、それは災害に対する職員の対応が主な内容になっています。

BCP

BCPにおいては災害発生前の準備はもちろん、発生直後から如何にして通常業務へといち早く復旧するのかを含む内容でなければいけません。

現在、火災地震等対策委員会でBCPの作成を進めております。


完成後は職員全員への理解と把握を徹底し、例え災害が発生したとしても安心な療養生活を早急に取り戻せるようにしていきたいです。

防災月間

9月は防災月間です。

地震・土砂崩れ・火災・津波などにおいての対処方法を
一度見直してみてはいかがでしょうか?

さて、当施設は災害時の

①緊急避難場所

②福祉避難所

に指定されています。

「夏のお楽しみ会」ではご近所の皆様を対象にパネルを利用して、当施設が地域で担う役割をご紹介しました。

300918.jpg

防災は「自助」を基本に、「共助」・「互助」を活用します。


当施設では今後とも災害に負けない「助け合い力」を磨いていきますので、よろしくお願いします!

マッチ1本火事のもと!

『火の用心 ことばを形に 習慣に』を標語として、3月1日(木)~7日(水)に今年の「春の全国火災予防運動(週間)」が開かれました。
全国的に3月が火災発生件数の1番多い月だそうです。
ちょっとした油断やこれぐらいなら大丈夫などの気持ちが大きな火災を引き起こしてしまう時があります。
まさに予防が大切であり標語の通りだと思います。
平成29年度03月19日号
ニューライフも3月は定例の防災訓練が行われます。
万が一に備え、ご利用者の素早い避難誘導を訓練していますが、やはり火災を発生させないことが1番の安全確保だと考え、日々の予防に努めていきたいと思います。
プロフィール

newlifemaster

Author:newlifemaster
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード